農家だが車が好きなブログ

私は農家の跡取です。農作物の記事やプロ整備士の裏技やおすすめの商品、整備記録を書いています。

整備士がよく見る箇所8選!!中古車をの選び方 内装編

 

前回の外装編見てない方はこちらからどうぞ

 

 

www.wwwkenji1128.info

 

 

 

 

f:id:kenji1127:20200622161114p:plain

 

今回は内装編です

  

 

 

 

内装編

天井が黄色くなっている

天井が黄色ももしくは黒くなっているのはたばこによる汚れです。たばこのヤニは簡単には落ちませんし天井が汚れるほどの車は窓締め切りでかなりの量を吸っていた証拠です。匂いをすごいでしょうからおすすめはできません。そのような車は窓もかなり汚れているでしょう。

 

シートに動物の毛が落ちている

前オーナーがペットを飼っていたりすると車の中に動物の毛が落ちていることがよくあります。ペットを乗せていた場合おしっこなど衛生面で心配なところが多いです。毛と匂いがする場合はまずやめたほうがいいでしょう。シートにシミがある場合も同様です。

 

運転席シートがへたっている

乗り降りが多い車に多いのがこのシートのへたりです。乗り降りの時いどうしても擦れてしまうドア側のクッション。擦り切れ気味なのはシート表皮がっ破けてしまう可能性があり修理にお金がかかります。クッション交換になるとさらにお金かかるのでよくみておく必要があります。シートのへたりによって前オーナー乗り方もわかるので車の状態も把握することができます。距離の割にシートがへたっている場合→短距離での走行が多い。距離の割にシートがへたっていない→長距離が多い。どちらかというと後者のほうがエンジン、車に負担なく乗っているのでお勧めできる車両になります。

 

内装の隅、隙間に砂がついている

見落としがちなのがや砂です。メーター回りやドアポケットに砂が多くついている車両は砂ぼこりが多い場所に置いてある時間が長いことがわかります。実際砂ぼこりは車にはかなり悪影響で車内は電子機器が多いため故障のリスクがかなり高くなります。コンピューター関係は5万円10万円普通にしますので注意したいところです。砂埃系で故障したコンピューターはたくさん見てきました。室内は防塵、防水が基本されていませんのでご承知ください。

 

フロアマットがついている

当たり前すぎてそんなことと思うかもしてませんが中古車の場合ない車あるんです。前オーナーが他で使うから持って行ってしまったなど結構あります。フロアマットに関してはあとから買うものなのでつけてくださいとはお店側も言えないのです。しかも買うと2,3万はしますのでけっこうな出費です。当たり前のものほど確認が必要です。

 

ドアの開閉がスムーズである

以外と多いドアの開閉が渋い症状。特にスライドドアはローラーがだめになるケースも多いです。スライドドアにはローラーが3か所ついているのですべてを交換になると結構いい金額になるでしょう。そして両側。得に砂を噛んでいるスライドドアは壊れやすいので要チェックです。あと1番開け閉めが多い運転席ドアですが、コキッコキッと音がする場合はドアチェッカーがへたっているので交換をお願いしましょう。

 

純正ナビがついているか

知らない方が多いと思う純正ナビの落とし穴。特にメーカーオプションのナビはほんとに注意!古くなったら社外に交換すればいいやと思っていてもいざ交換しようとお願いしたらこれはメーカーオプションなので交換できませんとの回答。めちゃくちゃあります。メーカーオプションは更新キットしか販売しておらず、一定の年数で更新キットも生産を中止します。常に最新とはいきません。ディーラーオプションであればまだ交換対応できる車種もありますのでよく確認したほうがいいです。

 

オプションがついているか

基本的に車両か価格に関係があるのが車種、年式、総走行距離、外装色、グレード、外装内装傷です。ETCやドライブレコーダーなどのオプションは基本的に価格に反映されません。なのでついていないよりついているほうがお得です。中古のものに関してはタイヤもそれに含まれます。スタッドレスタイヤもホイールとセットで買うとお金もかかるのでタイヤの有無も考慮に入れるといいかもしれません。

 

 

 

エンジン、下回り編に続く

 

www.wwwkenji1128.info